プロフィール

あなたのパーソナルトレーナーになるわたしのことを、まずお話します。

パーソナルインストラクター 整体師資格 加圧トレーニングインストラクター 友野孝治

わたしは、昭和53年生まれ。ちょうど30代の半ばです。中学のときから現在までバスケットをやっています。いまはクラブチームに所属し、ポジションはセンターです。とびきり上手いわけでもありませんが、高校時代は、中国大会まで勝ち上がったことがあります。今年でバスケ歴は20年以上ですが、途中2ヶ月間だけ休んでいたことがあります。

そのとき、わたしは大腸ガンで入院していました。いまでは完治していますが、自分はガンであることを知らされずに(それも手術後3年間も!)、比較的平穏な療養生活を送っていました。しかし、同じ病棟で将棋を指しあったおじいさんが、ある日突然亡くなったりすると、生きる意味を考えずにはいられませんでした。命ある限り、精神的・肉体的に前向きに生きることが大切だと悟ったのもこのころです。

それからわたしは、健康にたずさわる仕事がしたいと志します。もはや大学3年生で、医者をめざすのは現実的ではなく、限られたなかでの最良の選択として整体師を志望しました。大学を出た後、整体師になるための学校に入り、実践的な知識と技術を学びました。

その後、縁のあった整体院に整体師として雇われますが、修行半分のようなもので十分な収入が得られず、頭の片隅にはいつも「独立したい」という考えがありました。しかし、収入がなかなか安定しなかった整体の仕事を、結婚を機にいったん諦め、会社勤めをすることにしました。夢がくすぶっているうちは何をしても身が入らないもので、介護職や配送業、営業の仕事を2年くらいで変わっていきました。再び整体で生計を立てようと決心したのは30歳のころ。2011年に「友の手」のオーナーとなる方と出会い、いまに至ります。

 

あなたのプライベートスタジオとなる「友の手」のことをお話します。

現在は、整体師に加え、加圧トレーニングインストラクターの資格(KAATSU JAPAN認定資格)を取り、その2つの側面から、皆さまの健康をサポートしています。整体が負からゼロまでの領域をカバーするものであるとすれば、加圧トレーニングは、ゼロから正の領域をケアするものです。

つまり、「治したい人」と「もっと強くしたい人」の両方のニーズを聞くことができるのが、整体と加圧トレーニングの両方を持つ「友の手」の強みです。治したい人は症状が楽になるし、もっと強くしたい人は、使っていない筋肉をメンテナンスしてあげることで可動域が広がり、筋肉がつきます。そうすると、疲れにくくなり、日常生活が楽になります。さらに、この肉体的な変化によって、メンタルがポジティブになります。

何歳になっても、人はトレーニングをすれば、心身にその影響は現れるものです。トレーニングをされている方のなかには経営者も多くおられますが、それは自分に打ち勝つ強さを持っていたり、その快感を知っていたりするからでないだろうかと思います。また、男性よりも女性が多いのも、「友の手」の特徴です。女性もまた、自分に対する諦めの気持ちを持たず、美に対して常に挑戦的なのだろうと思います。

「友の手」は、その日の気分や体調、痛みなどを考えたオリジナルのプログラムを組み、わたしとマンツーマンで取り組みます。スタジオは、その時間はご自分だけのトレーニングルームとして占有いただけます。お気に入りのDVDなどを持ち込んでいただき、スクリーンに映し、テンションを上げながらトレーニングすることも可能です。

お客様の声

実際に加圧トレーニングを体験した方や会員様の声をご紹介します。

U.Kさま(女性)

 

T.Tさま(女性)

 

H.Mさま(女性)

 

A.Sさま(男性)

 

I.Aさま(女性)

 

H.Aさま(男性)

整体師が指導するプライベート加圧トレーニングジム 友の手

整体師がマンツーマンで指導するプライベート加圧トレーニングジム tomono・te(友の手)
岡山市北区東古松488-11 2F TEL 086-227-0500

© 2013-2015 パーソナル加圧トレーニングジム All Rights Reserved.